原因は不明

視力検査

目の病気には様々な種類がありますが、中でも厄介なのは緑内障です。緑内障は、目から入ってきた情報を処理する視神経に異常が起こり、視野が狭くなってしまう病気です。早期発見と早期治療が大切で、気づかないまま放っておくと失明の危険性もあります。この緑内障の原因ですが、実は現在はっきりは解明されていません。ただし、眼圧が影響していると考えられており、加齢や免疫異常など様々なことが理由で眼圧が高い状態が続き、緑内障になると言われています。そのため予防することは難しく、視野の異常に気付いたらすぐに眼科を受診するというのが適切な行動です。高齢者に多いですが、若い人でもなってしまう可能性は十分にあるので、ある程度知識を付けておくことが望ましいでしょう。

気付きにくい症状

視力検査

緑内障の症状は急に現れるものではなく、じわじわと広がっていくので初めは異常に気付かないことがほとんど。また、両目が同時に同じように視野が失われていくことはほとんどないので、片目だけだとより気づきにくいという特徴があります。手遅れになる前に、特に高齢者は定期的に眼科へ行き検診を受けるようにすると良いでしょう。緑内障の発見だけでなく、他の病気の発見や視力低下の状態などが分かりますので、自分の健康のためにもなります。

点眼による治療

眼

視神経は、一度障害を受けてしまうと元に戻らない性質があるので、緑内障になってしまうと、完治させることは出来ません。そのため、治療は今ある視野をこれ以上狭くしないことを基本とします。具体的には、高くなっている眼圧を下げることが基本となります。眼圧を下げる治療は主に点眼薬を使います。最も簡単でポピュラーな方法なので、ほとんどの場合点眼治療が選択されます。医師に言われた時間、量を守って正しく使うことできちんと効果を得ることが出来ます。

外科治療を行う場合も

医者と看護師

点眼薬を使用しても眼圧が上手く下がらず視野の欠如が進んでしまったら、外科治療を行うこともあります。具体的には、目の中にある房水と呼ばれる液体が多いと眼圧上昇の原因になりますので、房水の放出が主となります。例えばレーザーを照射したり、手術で繊維柱帯などを切除し房水を逃がす方法もあります。ただしこの治療も一度行って終了というものではなく、定期的に受ける必要があります。このように緑内障は一度発症してしまったら、治療を通し一生付き合っていかなければならない病気です。今ある目を大切にし視野を守るためにも、眼窩での定期検診は必ず受けておくように習慣づけましょう。

広告募集中